交通事故の法律相談(高松)

法律相談

高松で交通事故にあったら,すぐに弁護士に法律相談をしてください。

事前準備

弁護士に交通事故を相談するときには、メモ程度でよいので、必要な情報をメモしておいた方がよいです。」

  • 交通事故が発生した日時
  • 被害者の現在の状態
  • 後遺障害が発生している場合には,障害の等級

 

法律相談(高松)

メールでのお問い合わせは、下記のフォームからお願いいたします。
メールをいただきましてから48時間以内にご返答いたします。

お電話でのご相談をする前に必ずこちらをクリックしてください。

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容

交通事故の法律相談の面談(高松)

交通事故の被害者の方は、法律事務所での法律相談を無料でおこなうことができます。
以下のようなタイミングで,ご相談ください。

  • 交通事故が発生した直後
  • 事故のケガで入院・通院をしている段階
  • 症状固定をする前の段階
  • 後遺障害の等級に不満を感じたとき
  • 保険会社から示談の提案があったとき
  • 示談書にハンコを押す前に示談の内容を確認したとき

面談当日の持ち物

  • 交通事故証明書
  • 被害者の保険契約証書
  • 事故が起こったときの状況がわかる図面(手帳でかまいません)
  • その他、事故に関係ある文書


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容

交通事故の被害者となった方は,高松の弁護士に依頼し,保険会社との交渉などをしてもらうことができます。


しかし,依頼することによりメリットが生じるかどうかは,損害額の大きさなど,場合によります。


たとえば,物損事故だけの場合や人的損害が比較的少額である場合は,依頼することによる請求額の増額が見込みにくいケースになります。


逆に,できるだけ弁護士に依頼する方が良いケースというのは,被害者に後遺障害を残しているケース,あるいは,死亡事故などです。


後遺障害を残すケース場合は,保険会社の提示する示談金と,弁護士によって算定される損害額の金額に大きな違いが生じます。


そのため,たとえ裁判をすることになり,弁護士費用を支払っても,より多くの損害賠償請求が認められやすいケースと言うことができます。


通常,弁護士による交通事故の法律相談では,「弁護士に依頼するべき事案かどうか?」という点は,必ず検討されます。


弁護士費用ばかりかかり,その結果,被害者の受取る金額が少なくなるような事件を受けてしまうと,トラブルが生じ,弁護士,依頼者ともにデメリットとなります。


弁護士に依頼するべきケースかどうかは,交通事故の法律相談で確認してみるといいでしょう。

 

交通事故の被害者にとって,加害者の加入する保険会社との交渉には,大きなストレスとなることもあります。


通常,保険会社の交渉を担当するのは専門のプロフェッショナルが付きますので,様々なことを言ってくる場合があります。


とくに,交通事故の被害者が後遺障害を残していたり,死亡事故だった場合に,「被害者にも,過失がある」という発言や「裁判をしたって無駄ですよ」ということを言われる場合もあります。


そのようなときに弁護士に依頼することで,「交渉の煩わしさから解放される」メリットがあります。


そして,高松の弁護士に交渉を任せることで,裁判を前提とした金額で交渉ができるメリットがあります。


保険会社の提示する示談金額は,被害者本人と交渉しているとき,被害者に弁護士が付いたとき,裁判となったとき,の3つの基準で交渉を進めてきます。


被害者本人が,いくら担当者に苦痛を訴え,過失のなかったことを主張しても,被害者本人と交渉する基準を超えて,示談金を提示することはありません。


そのため,被害額が大きくなる後遺障害を残す場合や死亡事故の場合は,弁護士に依頼する必要がある事件となります。


弁護士への相談は,交通事故の無料相談などを利用し,早めにするようにした方が良いでしょう。