後遺障害の等級認定をサポートできます

高松の交通事故で後遺障害が残ってしまったという方は,ぜひご相談ください。

高松の交通事故の被害者の方が治療が終了したあとには,後遺障害の等級認定手続をおこなう必要があります。

ところが,この後遺障害の等級認定手続を加害者側の保険会社の担当者にまかせてしまった場合には,大きな問題があります。

本来ならば認定されるべき後遺障害が認定されない,というケースが発生する可能性があるということです。

後遺障害の等級認定手続を,高松の加害者側にまかせてしまっては不安です。

自分の後遺障害なのですから,被害者側の手で等級認定の手続をするべきだと思います。

弁護士吉田泰郎は後遺障害の等級認定の手続ができます。

高松では,後遺障害の等級認定手続は誰でもができるわけではありません。

弁護士のなかでも,等級認定手続をとりあつかっていない弁護士もいるのです。

弁護士吉田泰郎は,後遺障害第1級から第14級にいたるまで,全ての等級認定手続の申請をおこなうことができる能力があります。

弁護士吉田泰郎の適切な指導を受けたうえで,高松での後遺障害の認定手続をおこなった場合には,適切な等級を取得できる可能性が高くなります。

(もちろん,後遺障害等級に認定されないことが正しいケースもありますので,絶対に認定されるわけではありません。)

弁護士吉田泰郎は専門的知識のある外部の専門家と連携しています

後遺障害の等級認定手続は,法律の知識以外に医療の知識も必要です。

弁護士吉田泰郎は,後遺障害の等級認定について,法律事務所以外の外部の専門家と連携関係をもっており,整形外科医療などの交通事故医療に関する研修会にも積極的に参加しています。

高松の方は,法律だけではなく,医療にもくわしい弁護士に相談してください。


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容