【コラム】
交通事故の消極損害について

要約:交通事故の損害のうち、交通事故における消極損害について説明します。ここでは、消極損害の意味や事例について、説明されています。

高松の交通事故の被害者は、交通事故と因果関係のある損害について、弁護士に依頼して、加害者に賠償請求することができます。
交通事故による損害は、いくつかの種類に区分することができますが、「交通事故が発生していなければ、えることができた利益」についても損害として認められます。
このような損害を「消極損害」といいますが、人身事故の場合は、主に、(1)休業損害、(2)逸失利益、の2つが、これに相当します。
休業損害は、負傷で、仕事を休まざるを得ない場合の、収入減少分を損害として認められるもののことを言います。
高松で事故が発生していなければ、仕事をして収入を得ていたものが、得られなくなってしまった、という損害のことです。
また、高松での逸失利益には、後遺障害によるものと死亡によるものがあり、将来の収入の減少による損害のことです。
後遺障害により労働能力が減少すると、将来得ることができる収入が減少してしまいます。
同様に、高松での交通事故で死亡した被害者は、本来、将来に渡って仕事で収入を得るはずであった、と考えられます。
このような、高松で、将来得られたはずの収入が減少してしまう損害のことを、消極損害として賠償請求することができるわけです。 休業損害や逸失利益について、不明な点は、弁護士に確認するようにしてください。

【コラム】
人身事故の慰謝料について

要約:高松での交通事故の被害者が受ける損害のうち、慰謝料についての説明がされています。傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料に分けて紹介されています。

高松での交通事故の被害者は、発生した損害につき、加害者に対して賠償請求することができます。
高松での被害者の受けた損害には、さまざまなものがありますが、分かりにくい物の1つに「慰謝料」があります。
慰謝料は、ケガの痛みなどに対する精神的苦痛に対する損害、のことを意味しています。
慰謝料には、(1)傷害慰謝料(入通院慰謝料)、(2)後遺障害慰謝料、(3)死亡慰謝料、の3種類があります。
傷害慰謝料は、高松での交通事故により負傷させられたことに対する損害のことで、通常、入通院日数を元に計算されます。
また、後遺障害慰謝料は、高松での医療機関による治療にもかかわらず、なお、症状を残した場合の精神的苦痛による損害のことです。
認定された後遺障害の等級に応じ、慰謝料額が決定されるのが一般的です。
そして、死亡慰謝料には、高松での本人の慰謝料、遺族の慰謝料に分けて考えることができます。
本人の死亡慰謝料は、死亡させられたことによるもの、遺族の死亡慰謝料は、親族を失ったことによる苦痛に対するものです。
ここで、保険会社の提示する慰謝料額は、通常、被害者の納得できる金額でないものとなっています。
裁判基準による交渉を検討する場合は、高松の弁護士による無料相談を利用してみてください。